燃焼実験動画のご案内

未加工・防炎加工の比較

難燃加工・不燃加工の比較

1.ベニヤ合板  (t=9mm)

2.MDF板     (t=4mm)

3.ダンボール  (t=10mm)

 

5.プラダン         (t=4mm)

6.厚紙ボード      (t=3.2mm)

7.杉 板          (t=12mm)

8.発泡スチレン   (t=20mm)

9.発泡スチロール(t=15mm)

10. 薄ベニヤ合板   (t=4.0mm)

造花の防炎・造花の不燃

  燃えない造花の薬剤を開発しました

 

動画をご覧ください

下記が動画のリンクです

 

造花用--燃焼試験機開発、燃焼試験実験中
     (防炎加工処理協同組合の認定用燃焼試験)
燃えない造花の不燃防炎加工の風合いをほとんど変えません。
ツヤ有、ツヤ無しの加工も自由に選択できます。

造花用防炎薬剤・造花用不燃薬剤の種類

1)KS・フラワーリターダント(記号KS・FRN

  1液タイプ  仕上がりツヤ有り(調整不可)

 

2)KS・フラワーリターダントG(記号KS・FRG

  1液タイプ  仕上がりツヤ無し(調整不可)

 

3)KS・フラワーリターダント・プライマー(記号KS・FRP

  1液タイプ 造花プラスチック製に対応(調整不可)

 

造花の防炎後の仕上がりの美しさ、風合いを変えないことを

重視して開発を致しました。薬剤自身は、水性不燃塗料ですので

加工中、乾燥後にも匂いが致しません。

加工法は、ほとんど浸漬法で行い、乾燥が早いので扇風機による

自然乾燥で充分対応できます。

最大の特徴は、たとえ燃焼しても有毒ガスを発生せず、火源の

熱の伝わった箇所しか燃えません。

 

 

      1液タイプツヤ無しM  1液タイプ ツヤ有りN   1液タイプツヤ無しM

  (記号KS・FRN)   (記号KS・FRN)     (記号KS・FRM    

 

 

 

 

気温

22.3℃

 

湿度

89%

 

造花の防炎の概要

造花は、消防法で防炎をする規制が指定されていません。

しかし、現実には壁の緑化や大衆が集まる部屋、避難経路沿いの装飾等に

使用される大量の造花には、必ず、消防署より防炎加工をするべく指導が

入ります。それは、消防法で義務づかれていなくても都道府県、市町村条例で必ず義務づけられているからです。

実際に造花が燃えて、大量の黒煙混じりの有毒ガスを発生して、人命が

失われかけた事例が出ています。

今の造花は、生花と見分けのつかないほど良くできたクオリティがあります。材質は、PP樹脂、PE樹脂、塩化ビニル樹脂、PET樹脂等で

良く燃え、有毒ガスを発するものばかりです。

人命を守るためには、防炎加工をして使用することです。

造花の防炎加工済基準

消防法での規制が無いので、造花の防炎加工済基準がありません。

日本防炎協会にご相談しても、何ら回答は得られません。

それでいて、消防署から防炎加工を指摘されます。どうするか言われると

どこかに防炎加工を依頼するしかありません。

防炎薬剤を製造している企業は、的確に造花に適した薬剤を製造したり

研究をしているでしょうか。現在の段階で防炎加工後の仕上がりがクリアーで白濁がなく、風合いを損ねない造花専用の防炎薬剤を製造している

企業は、皆無に近いでしょう。

自信もって言えることは、当社は造花の防炎薬剤に関して10年以上の

研究をしています。それでもやっと納得のいく造花用防炎水性塗料を

開発いたしました。何回もの実験と試験の結果、良い造花専用防炎剤が

出来上がり発表いたしました。

今度は、造花専用の燃焼試験機が無いので、この試験機の開発とこれを

使用して実験データー作りを開始しました。

安全な基準を作り、安心して使用していただける造花の防炎を世の中に

広める所存です。

造花の防炎加工処理済報告書が、堂々と消防署に提出できることになるでしょう。防炎加工処理協同組合(略称・防火協)が責任をもって認定する時が来ることでしょう。